FC2ブログ
犯罪隠蔽と悪法を強制する独裁政権
 安倍は、自ら犯したモリカケ犯罪を手先の官僚の忖度を隠れ蓑に、不都合な証人喚問を拒否することで凌ぐ一方、支持母体の要請が強い「高プロ制=残業代ゼロ法」や「カジノ法案」、TPPなどを、維新や希望など一部の傀儡野党を取り込んで今国会で強行審議・採決しようとしている。正にナチス並みの独裁政権だし、それを可能にする傀儡野党の存在意義はない。

 特に安倍政権になってから議院内閣制の問題点が顕著になってきた。選挙で多数政党になった党首が首相になり内閣を組閣して行政府の長になる。議会は多数政党が与党となって首相を支えるから、政府提案の法案はどんな悪法でも強行採決すれば多数決で成立する。つまり立法府である議会も行政府の長が支配していることになる。裁判所などの司法も、裁判官の人事権を行政府の長が掌握している。そのためか最高裁は、国政選挙や米軍基地問題で行政府を忖度して、違憲判決を下そうとは決してしない。つまり、三権分立は形式だけで実質は行政府が立法府と司法府を支配しているのである。

 従って、首相はその気になれば容易に独裁者になれるようになっている。これを防ぐには、選挙で単独多数の政党を成立させないようにすることである。少なくとも独裁政権が出てきたら、次の選挙ではその政権の基盤となる政党や候補者に投票しないことである。絶対多数の一強政党ができなければ、政権は法案成立のためには複数野党との合意を図らざるを得なくなり、政権の暴走が起きることはなく十分な国会審議という民主主義の根幹が生かされることになる。
[2018/05/19 12:06] | 政治動向 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<新・日本の階級社会 | ホーム | 核戦争の瀬戸際で>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://politicswatching.blog.fc2.com/tb.php/308-1dfee5c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
政治ウォッチング


政治が右傾化し民主主義が危うくなっている。主権者である国民は、日々政治の動向を監視するとともに、自ら学び、行動する必要がある。本ブログは、それらを実践する場としたい。

プロフィール

politicswatcher

Author:politicswatcher
本人=主権者として政治に関わり、代理人=議員・閣僚の言動・政策を監視する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村