FC2ブログ
小池新党は結局民進党潰しの安倍助勢政党か?
 小池は、当初政権選択を掲げて国民の期待を担っていたが、民進党からの合流者の公認で改憲と安保法制の踏み絵を踏ませるだの、リベラル派は排除するだの難癖をつけて、それでなくても政権奪取には足りない公認者を、さらに減らして政権選択の機会を放棄した。若狭は、小池が出馬しての政権選択が次の次の衆院選になると本音を吐いている。

これは情勢が悪化したからなのか、それとも最初から政権選択は考えてなくて、民進党をはじめとする野党の選挙戦をかく乱し、安倍政権を助勢することが目的だったのか、それが問題だ。若狭の「日本ファースト」をリセットして、自ら「希望の党」を立ち上げたのは、前原の民進党身売りの申し出があったからなのだとしたら、小池と前原は民進党潰しの共犯者ということになる。まさか安倍政権から打診され、何らかの見返りを期待して反安倍勢力を一掃することにしたのではないだろうな?

結果的に、ジャーナリズムは政局動向ばかり追うことになり、安倍のアキレス腱である森友・加計疑惑をそらすことに成功しているし、民進党潰しで安倍自民党に有利な展開になっている。こんな目くらましにごまかされないよう、国民一人一人が目を見開いて隠された真実を見抜く眼力を養成しなければならない。このままでは、日本は戦前の大政翼賛会のような、戦争へと突き進む独裁政権を支持する勢力に支配されることになる。

安倍が突然の解散を決めたのは、米軍が北朝鮮攻撃時に、自衛隊が後方支援ではなく、前線を含めて米軍と一体になった軍事行動をとれるように、国内体制を整備するように要請され、実現を約束させられたからではないのか?そのためには早期の改憲が必須であり、反対勢力を一掃しておく必要があったのではないか?非常に危険な状況にある。
[2017/10/02 18:08] | 政治動向 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<枝野氏が「立憲民主党」結成 | ホーム | 政権抗議デモ、小池・前原をも非難>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://politicswatching.blog.fc2.com/tb.php/290-c7fda41d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
政治ウォッチング


政治が右傾化し民主主義が危うくなっている。主権者である国民は、日々政治の動向を監視するとともに、自ら学び、行動する必要がある。本ブログは、それらを実践する場としたい。

プロフィール

politicswatcher

Author:politicswatcher
本人=主権者として政治に関わり、代理人=議員・閣僚の言動・政策を監視する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村