暗黒社会を目指すがん細胞・安倍をいつまで温存するのか?
 独裁体制下、思いあがった安倍は、自民党下請けの公明・維新とともに、18日共謀罪法を強行採決するという。政権に不都合な人間を誰でもいつでもどこでも監視し、理由をこじつけて逮捕・拘束できることになる。五輪テロ対策で一般人は対象外などと、もっともらしい嘘を並べ立てて、危機感のない国民をだましている。対象か否かを決めるには事前に継続監視や捜査をしなければならないはずで、逮捕も屁理屈をつければどうにでもなる。沖縄の基地や原発反対活動、様々な反対デモは直近のターゲットだし、SNSやブログでの意見交換、集会も当然対象になる。

安倍はまたしても改憲に前のめりになり、党総裁三選後の首相任期中、2020年を目途に改憲すると公言している。それも9条1項と2項をそのままにして3項に自衛隊の存在を明記するという、明らかに論理矛盾の改憲案をまとめるよう党に指示している。狙いは論理矛盾解消のため2項を削除するしかないという結論に導き、なし崩しに改憲を実現することだろう。教育の無償化は、下請け政党の維新の顔を立てて、改憲に協力してもらうための餌だが、憲法に記載するべき事項ではない。財源があれば法律で対処できる。

秘密法、戦争法、共謀罪法に続いて改憲を推し進め、政権に不都合な人間を逮捕・拘束して、免罪と引き換えに戦場に送るシステムを構築しようとしている。このように日本を暗黒社会に転換しようとたくらむがん細胞である安倍を、国民はいつまで支持し温存するのか?もっと危機感をもってがん細胞の切除方法を考え、実行しなければ暗黒社会の到来は避けられない。
[2017/05/14 17:27] | 政治動向 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<やっぱり加計学園も森友と同じく安倍が関与 | ホーム | 代議制民主主義>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://politicswatching.blog.fc2.com/tb.php/261-8c81e012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
政治ウォッチング


政治が右傾化し民主主義が危うくなっている。主権者である国民は、日々政治の動向を監視するとともに、自ら学び、行動する必要がある。本ブログは、それらを実践する場としたい。

プロフィール

politicswatcher

Author:politicswatcher
本人=主権者として政治に関わり、代理人=議員・閣僚の言動・政策を監視する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア