FC2ブログ
安倍の朝貢外交、51兆円の持ち出しで終わるか?
 安倍は、2月10日の朝貢外交でトランプに謁見するため、国家予算の半分に近い51兆円の貢ぎ物を準備しているという。原資は公的年金、メガバンクの融資、外為資金などを見込む。これで米雇用70万人を創出するというが、アメリカは今、景気回復し完全雇用に近い状態なのに、なぜ70万人の雇用創出が必要なのか理解しがたい。

トランプにアメリカの貿易赤字や日本の為替操作の言いがかりで恫喝されたからと、属国や植民地の宰相のように平伏して、自己保身のためだけに国の富を他国に持ち出すとは、国賊以外の何物でもない。こんな弱腰でトランプに謁見したら、ヤクザに恐喝されるのと同じで、51兆円では終わらず更なる過大な要求を強制してくるに決まっている。

なぜ世界一の経済大国であるアメリカに、社会保障も切り詰めなければならない日本がカネを差し出さなければならないのか、逆ではないか。安倍は外遊のたびに、歓迎されることを狙って開発途上国にカネをばらまいてきたが、アメリカにも同じ手を使うとは芸がない。そんな金があるのなら、社会保障に使うべきだろう。

安倍が恐れているのは、アメリカの支持を失えば己の政権を維持できなくなることだけで、アメリカの支持=政権維持のためには、国や国民がどうなろうとひたすら宗主国アメリカに日本の富を朝貢し続けるということだ。
[2017/02/03 12:36] | 政治動向 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<日本会議役員運営の「神道の小学校」に通常価格の10分の1で国有地売却 | ホーム | 時間かせぎの資本主義>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://politicswatching.blog.fc2.com/tb.php/237-7001c0ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
政治ウォッチング


政治が右傾化し民主主義が危うくなっている。主権者である国民は、日々政治の動向を監視するとともに、自ら学び、行動する必要がある。本ブログは、それらを実践する場としたい。

プロフィール

politicswatcher

Author:politicswatcher
本人=主権者として政治に関わり、代理人=議員・閣僚の言動・政策を監視する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村