FC2ブログ
「トランプ王朝」は北朝鮮の金体制と似ている
 トランプ政権と北朝鮮の金体制の類似を指摘する以下のようなネット記事がある。
トランプ氏はいまや、自身の王朝をホワイトハウスに鎮座させている。イヴァンカ氏の夫で不動産投資家のジャレッド・クシュナー氏は、中東和平のプロセスに、特使としてひと役買うことになりそうだ。

ドナルド・ジュニア氏とその弟はトランプ氏の事業を統括する不動産会社「トランプ・オーガナイゼーション」を切り盛りするため、ニューヨークに残るだろう。だが、同氏は現在でも子供たちとともに、トランプ・オーガナイゼーションの役員を務める。こうした状況を考えると、子供たちが政権に影響力を及ぼすことは疑いようがない。

トランプ氏の事業は、血の繋がりや忠誠心によって支えられてきた。トランプ・オーガナイゼーション幹部の平均勤続年数は17年と、他の同じ規模の米国企業よりも非常に長い。30年をトランプ氏に捧げてきた者もいる。

世界最長の独裁政権である北朝鮮の「金王朝」と「トランプ王朝」を単純比較するのは難しいかもしれない。だが、いくつか類似点はある。
第1に、何よりも忠誠心が優先される点だ。北朝鮮の幹部や将軍が最高指導者の金正恩氏を支持しなければならないように、トランプ氏のホワイトハウスは「一族」に揺るがない忠誠を求める。
トランプ政権の大統領首席補佐官に指名されたラインス・プリーバス氏と、首席戦略官・上級顧問のスティーブン・バノン氏は、こうした意向を公然と受け入れている。両氏は、経験が皆無であるクシュナー氏が政権の意思決定に深く関われるようにすると誓った。

第2は、能力とは関係なく、親族に重要なポストを与える点だ。金正恩氏が姉と兄弟を、序列を無視して朝鮮労働党の要職に就かせたように、トランプ氏も自身の家族に主要な地位を割り当てる可能性が高い。トランプ氏の親族は、正式に任命された閣僚たちをしのぐ事実上の影響力を行使することになり、賢明な閣僚たちはそれを許容するのではないだろうか。

 第3は、予想外の昇進や突然の追放が起きる点だ。北朝鮮では、上層部がこうしたすべてを取り仕切った。トランプ氏はテレビ番組のパーソナリティーを務めていた頃、他者を激しく攻撃する一方で、時には普通の労働者をシンデレラのようにもてはやした。
金王朝と同様にトランプ王朝でも、うまくいかなかった政策の担当者は責任を取らされるだろう。しかし、一族の面々が、そうした責任を問われることはあるまい。

トランプ陣営のウェブ戦略を統括したブラッド・パースケール氏は大統領選の2週間前、トランプ氏が牛耳るであろうホワイトハウスの姿をこう表現した。「わが忠誠はトランプ一族に向けられている」。この言葉はまさに北朝鮮をほうふつとさせる。
[2017/01/22 10:19] | 政治動向 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<時間かせぎの資本主義 | ホーム | トランプが安倍に強制すると予想されること>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://politicswatching.blog.fc2.com/tb.php/235-beb44022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
政治ウォッチング


政治が右傾化し民主主義が危うくなっている。主権者である国民は、日々政治の動向を監視するとともに、自ら学び、行動する必要がある。本ブログは、それらを実践する場としたい。

プロフィール

politicswatcher

Author:politicswatcher
本人=主権者として政治に関わり、代理人=議員・閣僚の言動・政策を監視する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村