FC2ブログ
21世紀日本の格差
 橘木俊詔著「21世紀日本の格差」を読んだ。日本の貧困率は、アメリカの17.4%に次いで主要先進国の中では16.0%という第2位の高さで、「貧困大国」と言える。格差拡大についてのアンケート調査では、70~80%の人が「格差拡大」を感じていると回答。その分野は業種や会社における賃金格差と認識している。しかし、高額所得者は70%が格差の拡大がないと判断している。

政権を担う閣僚や与党議員が日ごろ接触する人間は、ほとんどがこの高額所得者に対応するいわゆる金持ちだから、一般庶民の生活が見えないかあるいは無視しがちであり、格差是正や貧困解消のための富の分配政策は、選挙前の人気取りスローガン以外、本気で取り組もうとはしない。

アベノミクスが依拠するトリクルダウン理論は、現実の経済で期待通り発生して観察されていない。原因は経済の景気循環のため、大企業や中央経済から中小企業や地方経済へ潤いが波及する前に低成長経済へ突入するため。また、「一人勝ちの論理」が作用し、独占的な地位を占めている中央大企業が営利を独占しようとするので、潤いが他の企業や地方に波及しない。

成長(経済効率性)と分配(公平性)の関係は、先進諸国では不平等が経済成長率を低めていることが検証された。格差を是正するには、低所得者の所得を上げるか高所得者の所得を下げるかであるが、前者の方が経済成長率を高める効果がより強いことが分かった。

アベノミクスは、カンフル注射的な金融政策が主体で、分配による格差是正は考慮していないから、すでに息切れして実体経済と乖離した蜃気楼となっている。参院選用のスローガンとして「アベノミクスをふかす」と言っているが、蜃気楼にふかすようなエンジンはあったのかと言いたい。本音は改憲勢力で3分の2以上の議席を確保して、憲法改正の発議をしたいということだろう。選挙が近づくとそれまで大声でわめいていた本音を隠し、終わると牙をむいて襲い掛かるという卑劣なやり方を繰り返す安倍自民党を支持できますか?
[2016/06/20 10:22] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0)
絶頂の一族
 松田賢弥著「絶頂の一族」 を読んだ。特に驚くようなことは書いてないが、一つ再確認できたことがある。それは、安倍晋三がマザコンであり、岸信介の娘である晋三の母洋子が信介を偉大な政治家として尊崇し、その確信を幼少のころからずっと晋三に植え付けてきたということ。そのため、安倍晋三は岸信介を偉大な政治家として尊崇し、己の政治の原点、基盤としており、岸が成し遂げられなかった憲法改正を至上命令として進めているということ。
岸の娘である洋子は、岸一族のゴッドマザーとして君臨し、すべての言動は、偉大な政治家と信じる岸の血筋を絶やさないことを至上命題と考えた結果であるということ。

こんな古臭い考えの母親に洗脳されて、過去に埋もれた岸信介の亡霊を追いかけるだけのつまらない政治屋・安倍晋三を支持する有権者が40%もいるとは信じ難い。10%位は自分も支配層に入れる人たちで支持も当然かも知れないが、あとの30%は搾取されるだけの被支配層なのに、その自覚がないから何となく支持しているのだろう。直接被害を受けてひどい目にあわされるまで目が覚めないということだ。
あなたは自分がどちらの層に入っていると思いますか?
[2016/06/12 15:14] | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0)
安保法反対デモ、全国各地で開催 参院選へ野党支持訴え
 安全保障関連法の廃止を訴える市民団体が5日、全国各地で抗議行動をした。主催者によると、50カ所以上で開かれ、東京の国会周辺には約4万人が集まった。22日公示の参院選に向け、安保法に反対する野党への支持を呼びかけた。

 学生団体のSEALDs(シールズ)メンバーや学者らでつくる団体「市民連合」と、「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」の主催。各地の団体にも開催を呼びかけた。

 国会前では、「ママの会@日野」の星野さなえさん(35)が「参院選で平和を願う国民の意思を示そう」と主張。1人区の全32選挙区で、民進や共産など野党4党の候補が一本化されたことを踏まえ、シールズの大学院生奥田愛基(あき)さん(23)は「選挙結果によっては憲法が変わってしまうかもしれない。1人区でそんなに勝てるかわからないけど、ひっくり返そう」と訴えた。

 野党の民進、共産、社民各党の幹部も参加し、「選挙に行こう」「政治を変えよう」などと声を上げた。

 国会前での抗議に参加した東京都渋谷区の大学教員海部(かいふ)健三さん(42)は、昨年夏のデモに比べて若者の参加が減ったように感じたという。「若い人が政治的な話を避けようとしているのでは」と話した。

 ログイン前の続き東京都中野区の主婦高橋明子さん(53)は「デモに関心がない人も選挙に行くようにならないと」と言う。実現するための良い策は思い浮かばないが、「色んな人に会った時、今の政権に対する自分の考えを話してみようと思います」。

 東京のほか、大阪・梅田でも約1千人(主催者発表)が集まり、「立憲主義を回復させよう」と訴えた。名古屋市や長崎市でもデモや集会があった。

■「参院選で市民型選挙の文化根づかせたい」

 野党共闘を支援する市民連合は昨年末に発足した。参院選ではすでに、全32の1人区で野党候補が一本化され、市民連合は約半数の候補と政策協定を結んだ。今後は市民に広く選挙参加を促していくという。

 「投票するだけでなく、応援する候補を勝たせるために選挙に参加しよう」。4日、参院選に関する市民連合の集会でメンバーの山口二郎・法政大教授は、自分の1票を投じることのほかにも、できることをするよう訴えた。

 4月にあった衆院北海道5区補選の報道各社の出口調査では、無党派層の約7割が野党統一候補に投票していた。この補選では野党候補は敗れたものの、市民連合は無党派層の動き次第で、参院選の流れが変わるとみている。

 ただ市民の多くは選挙運動の経験がないため、市民連合は集会で配る参院選向けの冊子で、運動への参加方法も紹介。応援する候補の演説に行き、写真や動画をSNSなどに投稿▽候補の政策や魅力を周りに伝える▽友人らに応援を呼びかける電話をかける――などを挙げた。こうした活動を広げることで、野党の得票を上積みするのが狙いだ。

 シールズの山本雅昭さん(27)は「安保法反対のデモに参加した人でも、多くは選挙への関わり方はわからない。今回の参院選で市民型選挙の文化を根づかせたい」と話す。
[2016/06/06 08:42] | 政治動向 | トラックバック(0) | コメント(0)
すべては政権維持の選挙対策、選挙後は壊憲の仕込み杖で国民両断
 安倍は、誰が見ても怪しげな屁理屈で消費税増税の再延期を決めた。アベノミクスの失政を隠蔽するとともに、増税を嫌う民意を察して政権維持を最優先にした選挙対策以外の何物でもない。
また、スローガンだけで裏付けのない財政計画や1億総活躍プランなど、八方美人的な人気取り政策を閣議決定しているが、これらはすべて選挙対策以外の何物でもなく、選挙が勝利に終わればこんなお題目がどうなろうとお構いなく、自民党の壊憲草案に沿った壊憲を強引に進めていくことは火を見るよりも明らかだ。まるで闇討ちのように、隠し持った仕込み杖で国民をばっさり両断することだろう。

自公とおおさか維新などの翼賛政党で、壊憲勢力が3分の2以上の議席を得れば、直ちに自民党の壊憲草案に沿った壊憲が発議・採決され、国民投票に付されて賛成過半数となれば壊憲が成立する。そして日本は、戦後70年の歴史がなかったかのように、戦前のような国家が国民を支配する軍事独裁国家に後戻りすることになる。

7月10日参院選挙であなたはどの道を選びますか?
[2016/06/03 10:44] | 政治動向 | トラックバック(0) | コメント(0)
政治ウォッチング


政治が右傾化し民主主義が危うくなっている。主権者である国民は、日々政治の動向を監視するとともに、自ら学び、行動する必要がある。本ブログは、それらを実践する場としたい。

プロフィール

politicswatcher

Author:politicswatcher
本人=主権者として政治に関わり、代理人=議員・閣僚の言動・政策を監視する。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村